不倫の場合の慰謝料の時効

一方の配偶者が不倫をした場合には,いつまで慰謝料を請求できるのでしょうか。

まず,慰謝料については,二つの種類があります。①不倫をされたことによって生じた精神的苦痛に対する慰謝料と②不倫をされたことによって離婚という結果が生じた場合その離婚そのものに対する慰謝料です。一般的には,①よりも②の慰謝料の金額の方が離婚という重大な結果が発生していることから大きいと言われています。
①の場合,不倫があったことを知った時点から3年間慰謝料の請求をすることができます。この場合,特にいつの時点が時効の起算点であるか争われる場合があります。そのため,不貞が発覚した場合,いつ発覚したのか,それはどのようにして発覚したのか記録に残しておくべきです。
②の場合,離婚から3年間慰謝料の請求をすることができます。ただし,離婚という結果が生じたのは不倫が原因であるということが立証できなければなりません。例えば,不倫が発覚したのが10年前であるが,離婚をしたのは1年前といったケースであると,そもそも不倫が原因で離婚をしたということができるかが問題となります。
不倫発覚から離婚までの時間が長ければ不倫によって離婚をしたということは言いづらくなってしまうでしょう。もっとも,お互いのメールのやりとりによって,頻繁に不倫のことで喧嘩をしていたことが証明できるといった事情があれば,不倫発覚から離婚までの期間が長かったとしても,離婚後3年間慰謝料を請求できることはあり得るでしょう。
お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い