夫と離婚をしたいのですが,離婚後の生活が不安です。適正な養育費を支払ってもらえるのでしょうか?

 

親権を獲得した側(権利者といいます)は,片方(義務者といいます)に対して養育費の
支払いを請求できます。

養育費の金額には相場が存在し,基本的には算定表に従って計算されます。

→算定表はこちら

義務者は,養育費を支払わなければなりませんが,任意に支払わない場合には,義務者の給料を差し押さえるなどして執行をかける必要があります。

離婚協議書を作成する際に,養育費の支払いなど金銭の支払いについては公正証書を作成しておくと良いでしょう。養育費の不払いがあった場合に,裁判を起こさずとも差押えが可能となります。

お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い