離婚は合意していますが,養育費に争いがあり,どうすればいいでしょう?

離婚について合意しているものの,養育費等の条件が折り合わず,ご相談に来られる方は多いです。

 

このような場合は,離婚と親権について合意ができているでしょうから,養育費等の条件を横において,まずは協議離婚してしまうのも手です。ただし,後日養育費等の条件を決めるつもりであれば,協議離婚に当たり,ご夫婦間で養育費等については後日決めるということを確認しておくことが重要です。

後日決めるのではなく,離婚の際に決めておきたい場合は,ご夫婦間で折り合いがつかないのであれば,離婚調停を申し立て,調停の中で,ご離婚とともに,養育費等の条件について折り合いをつけることになります。

養育費は,お子様との将来の生活にかかわる重要な問題です。

月1万円の違いでも,年間で12万円,10年で120万円の違いがあります。

離婚そのものには争いがなくても,養育費等の条件で,尖鋭な対立がある場合は,弁護士を付けてしっかり争うことをお勧めします。

当事務所では,養育費等の条件交渉について豊富なノウハウがありますので,お気軽にご相談ください。

お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い