人身保護請求

人身保護法は,不当に奪われた人身の自由を回復することを目的に制定された法律です。この法律を適用して子を引き取る事が可能になる場合があります。

ただ,人身保護請求手続は,審理期間が短く,家庭裁判所調査官の調査も行われないので,子がどちらの親に監護されるのが幸福かについて判断することは困難です。
そこで,人身保護請求は,子の引渡しを求める手続きの中でも,緊急の暫定的な手段と考えられています。
具体的には,相手方のもとに子を留めておくと子に悪影響を及ぼすおそれがあり,一刻も早く子を引き取る必要があるといった場合,裁判所に人身保護請求を行うと,請求の日から1週間以内に審問が開かれ,判決言い渡しは審問終結の日から5日以内になされることになっています。

請求が認められるための条件は,

①子が拘束されていること 
②その拘束が違法であること
③救済の目的を達成するために他に適切な方法がないこと
です。
たとえば,子が自分の意思で相手方のもとに行った場合は,子が拘束されておらず,請求は認められません。

当事務所でも,近時,人身保護手続きを利用して,保育園から子を連れ去った父親から子を取り返すことに成功しました。

お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い