熟年離婚における注意点,ポイント

熟年離婚で特に注意しなければならないのは,離婚後の経済的生活基盤を確保できるかどうかです。

男性もそうですが,とくに女性は,年齢が上昇すると再就職が非常に困難になるケースが多く,生活していくだけの安定的な収入を得られるかどうか,じっくり考えなければなりません。

まずは現在の生活と,離婚後の生活の違いを現実的に考えた上で,収入がどれだけ変わるのか,生活費がどれだけ変わるのか,自分はどれだけの変化まで譲歩できるのかについて書き出してみましょう。

次に,はたして自分は生活していけるだけの経済的生活基盤を持っているのか,持っていないとすれば,どのようにすれば生活基盤を確保できるのかを考える必要があるでしょう。

具体的には,財産分与,年金分割といった制度の利用のほか,実家・子供・友人と暮らすことも考慮に入れて,離婚後の生活からできるだけ不安をなくす努力をしなければなりません。不安を軽減し,安心して離婚後の生活を営むためにはどのような手順を踏めばよいのかについては,専門家である弁護士に相談することをお勧めします。

財産分与についてはこちら!

年金分割についてはこちら!

熟年離婚の方法

どちらか一方が離婚を申し出たあとにたどる道筋にはいくつか考えられます。
  1. 話し合いの末に復縁(調停委員の復縁案への同意を含む)
  2. 協議離婚
  3. 調停離婚
  4. 裁判離婚

一般的には,まずは夫婦の間で離婚についての話し合いをして,協議離婚を目指します。そして,当事者間での話し合いによる合意が無理であれば,次に家庭裁判所に調停を申し立てて調停離婚を目指します。調停が不成立となった場合には,さらに離婚訴訟提起をして裁判離婚(認諾離婚や和解離婚を含む)を目指すという順になります。

離婚の種類についてはこちら!

とくに熟年離婚においては,できる限り多くの離婚給付を受けられるかどうかが離婚後の生活を左右しますので,周到な準備が必要となります。年金分割や財産分与を間違いなく受ける,そのために財産保全をしておくことなど,やらなければならないことがいくつもあります。
離婚の手続き,財産の保全に関する申し立て等については,専門家である弁護士に相談することをお勧めします。
お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い