熟年離婚とお金の問題

熟年離婚と年金

ここ30年で約6倍に増えた50代,60代の熟年離婚ですが,近年に年金分割制度が導入されたことで,さらに加速しているといわれています。 ⇒年金分割について

前述のとおり,熟年離婚の後,年齢のために再就職が困難となるケースは多く,安定的な収入として年金が確保できるかどうかはとても大きな問題となります。

年金分割にあたっては,結婚してからの年金受給期間がどれだけあるか,また,平成20年4月以降の婚姻期間がどれだけあるか,という2点がポイントとなります。
年金分割では,年金のいわゆる2階部分,すなわち,厚生年金共済年金に限って分割の対象となります。まず,平成20年4月以降の対象期間については,そのうち妻が専業主婦だった期間に限られますが,妻が請求すれば,夫の厚生年金の標準報酬の2分の1につき分割を受けることができます(「3号分割」といわれるものです。)。

次に,平成20年3月までの対象期間については,分割することとと按分割合を決めることについては,原則としてお互いの合意が必要となります(「合意分割」といわれるものです。)。そして,按分割合は,最大2分の1であり,分割割合の下限もあります。

離婚後の生活プランを立てる上では,以上のような年金分割制度をしっかり理解する必要があります。当事務所では年金分割制度の利用について,ご相談を承っています。どうぞお気軽にご相談下さい。

熟年離婚と財産分与

上記の年金分割によって得られる年金だけでは生活できない方は多いかと思われます。その補填という意味でも重要となってくるのが離婚に伴う「財産分与」といえるでしょう。 ⇒財産分与について

一般的には,離婚の意思を固めた後に考えることが多いようですが,再就職が難しい熟年世代の離婚においては,この「財産分与」でいくら受け取れるのかが離婚の可否を左右すると言っても過言ではないでしょう。まずは,夫婦の共有財産や実質的共有財産をしっかり把握しましょう。

共有財産や実質的共有財産として代表的なものは,

① 不動産
② 預貯金
③ 生命保険
④ 有価証券など
⑤ 会員権
⑥ 車
⑦ その他高価品

⑧ 退職金

などです。

双方の共有財産や実質的共有財産がどれだけあるのかを一度洗い出し,そのうち,自分が受け取れる分与の割合がどれだけになるのかを把握しましょう。ただし,場合によっては事前の調査や,分与の割合を検討する必要があります。

また,財産の受け取り方や選別に関して最も良い方法を検討する必要があるでしょう。

財産分与に関してご不明・ご不安な点があれば,当事務所にお気軽にご相談ください。

お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い