夫(妻)が失踪し,行方不明です。離婚するにはどうしたらいいでしょう?

行方不明・失踪中の夫や妻と離婚するには?

「行方不明・失踪中の夫や妻と離婚したいがどうすればいいかわからない。」というご相談が当事務所に時折寄せられています。そこで,行方不明・失踪中の夫や妻と離婚するための手続きについてお話しします。

一般的に離婚をするために訴訟を提起しようとする場合,まず,家庭裁判所に調停の申立てをしなければならないとされています(調停前置主義)が,夫や妻が行方不明・失踪中の場合には,話し合いによる解決はできませんから,調停を経ずに離婚訴訟を起こすことができます。

その際,夫や妻の居所や住所など訴状を送達するべき場所がわからない場合,公示送達によって訴状を送達することができます。
管轄は,夫や妻の居所も住所もわからない場合,その夫や妻の最後の住所地の裁判所となります。

 

夫や妻が行方不明・失踪中であるだけで離婚できるのか?

離婚訴訟で離婚するためには,民法に定められている離婚原因が認められなければなりません。では,夫や妻が行方不明・失踪中である場合,離婚原因が認められるのでしょうか。
まず,3年以上夫や妻が生きているか死んでいるかも確認できない状態が現在も引き続いている場合は,「3年以上の生死不明」(民法770条1項3号)という離婚原因にあたり,離婚できます。
しかし,これにあたらない場合でも,「悪意の遺棄」(民法770条1項2号)や「婚姻を継続し難い重大な事由」(民法770条1項5号)として離婚できる場合があります。
「悪意の遺棄」とは,正当な理由なく夫婦の同居・協力・扶助義務を果たさないことをいい,正当な理由があるかどうかは,行方不明・失踪の経緯や,生活費送金の有無,行方不明・失踪の期間等を考慮して判断されます。
「婚姻を継続し難い重大な事由」というのは,婚姻関係が破綻し回復の見込みがないことを意味します。
裁判例では,事情によっては,1年程度の行方不明・失踪でも770条1項2号ないし5号の離婚原因が認められています。
また,行方不明・失踪中の夫や妻が途中で見つかったことがある場合でも離婚原因が認められている例もあります。
実際に当事務所が取り扱った事例でも,夫が行方不明・失踪中の場合に離婚訴訟を提起し,わずか1年程度の別居期間であっても離婚が認められています。
行方不明・失踪中の夫や妻との離婚を考える場合,「悪意の遺棄」や「婚姻を継続し難い重大な事由」が認められるかどうかの検討が必要です。
お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い