質問

結婚当初からずっと毎日のように怒られてきたため,もう精神的に限界をこえています。

離婚をしたいのですが,どうしたらよいのでしょうか?

 

 

回答

まずは別居をおすすめします。

離婚をするには当事者の合意(調停を含む)か裁判が必要になります。

 

合意ができれば問題ないのですが,相手が合意しない場合には,裁判をする必要が

生じます。そして,裁判で離婚が認められるには,法定された離婚理由(民法770条

1項各号)の存在が必要になります。代表的なものは相手の不貞です(同項1号)。

 

さて,本件のような,毎日のように怒られてきたことが離婚理由になるのでしょうか。

 

怒られてきたことの程度によりますが,原則として離婚理由になりません。

ただ,程度や他の事情により,「婚姻を継続し難い重大な事由」(5号)に該当し,

離婚が認められる可能性はあります。

 

このような他の事情の最たるものが,別居期間です。婚姻期間の長さにもよるので,

どれだけの期間別居すれば離婚が認められるかは一概には言えません。多くの裁判例を

見ると,大体3年から5年の別居期間が必要です。毎日のように怒られることの程度に

よっては,別居期間が短くても,離婚が認められることもあるでしょう。

 

別居したとき,生活費をどうするのか心配になることがあると思います。

 

別居した時,収入の少ない方が収入の多い方に対し生活費(婚姻費用と言います)の

支払いを求めることができます。相手が任意に支払わない場合は,婚姻費用分担調停を

申し立てていくことになります。

お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い