面会交流の基準

面会交流が裁判所で認められる基準は,抽象的には,子どもの利益や福祉にかなうかどうかです。
具体的には,子の心身の状況,監護状況,子の意思,年齢,監護教育に及ぼす影響,父母それぞれの意思,葛藤・緊張関係の程度,面接についての父母の協力が可能であるか,申立ての目的,別居親との距離などから総合的に判断します。

実際は,子を監護する親は,子どもの面会を快く認めるかといえば,そうでない場合も多いようです。他方,子を監護しない親は,子と面会できないでもどかしい思いをすることが多いようです。

お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い